hdd認識しない際に役立つ知識をGET|サクサク動くパソコン

コピーの方法

システム

HDDコピーの方法について

HDDコピーの方法としては、パソコンに2台のハードディスクをつなぐことで行う事ができます。ファイルだけをコピーするのであれば、ファイル管理ソフトを利用すれば簡単に行うことができますが、オペレーティングシステムなどを含めてすべてをコピーするのであれば、専用のソフトウェアを利用する必要があります。 これは近年のオペレーティングシステムではシステム領域が設定されており、これらは通常のファイル管理ソフトではコピーすることができないからです。 専用ソフトはフリーソフトで公開されており、誰でも行うことができますが、やや煩雑な作業を経る必要があります。 そのため、パソコンを用いずに簡単にHDDコピーが行える装置も登場しています。

専用装置を使うメリット

HDDコピーを専門に行う装置は、2台または複数のHDDを接続できるようなった箱で、そこにコピーしたいHDDとコピーするHDDを接続しボタンを押せばあとは勝手にHDDコピーを行ってくれるというものです。非常に簡単にHDDコピーができるメリットがあり、また1台複製の場合には価格も4千円程度と安価です。また外付けハードディスクや2.5や3.5といったサイズの違うハードディスクなど異種のHDDコピーも容易に行えるメリットがあります。なお、一部は一度に複数台のHDDにコピーできるものもあり、主に業務用として使われています。 専用装置を使うメリットは、その手軽さであり内蔵ハードディスクの場合には筐体を開けて取り付けと取り外しといった作業が必要になりますが、専用装置を使えばこれらの作業を軽減することができます。